★特別企画2016 絵本とあそぼう 絵本ワークショップ:びっくりたまご 開催しました★ あそび・子育て・交通安全 あなたのまちの交通児童館

施設紹介お知らせ・行事・イベントご利用案内

お知らせ・行事・イベント

更新日:2016年11月15日 ★特別企画2016 絵本とあそぼう 絵本ワークショップ:びっくりたまご 開催しました★

カテゴリ
報告
開催日
2016年11月13日

交通児童館では、11月1日~11月20日までの20日間、図書企画として

「特別企画2016 本は一生の友だち ~本の友だちをいっぱいつくろう~」を開催しています。

本のことを、よく知らないキミも、本となかよしのキミも、みんなが本となかよしになれる「6つの大作戦」であそびます。

11月13日は、絵本とあそぼう 絵本ワークショップ「たまごのあかちゃん びっくりたまご」を開催しました。

絵本「たまごのあかちゃん」を読んで、いっしょに「たまごのあかちゃん」をつくって、あそびましたよ。

絵本を読むだけじゃなく、本物のウズラのたまごを見て、さわって、においをかいでもらったら、子どもたちも興味津々。

PB130083.JPG

ゆでたウズラのたまごは、さわってみると、たまごのカラってザラザラ、ブツブツしていたり、

「オナラのにおい」がしたり、すこしずつ色も模様も、みんなちがうね。

「ウズラのたまご」 「アヒルのたまご」 「カエルのたまご」 「きょうりゅうのたまご」

たまごといっても、大きさ、いろ、かたち。 みんなちがって、それぞれ個性があって、おもしろい。

たまごのなかには、「もうひとつ、ちいさいたまごが入っているのかも!」と、教えてくれる子もいました。

PB130095.JPG

「たまごから、いったいなにが出てくるんだろう?」と考えるだけで、ワクワクしちゃいますね。

子どもたちが、のびのびと思い描いた「びっくりたまご」のなかには、それぞれ皆ちがう「ヘビのあかちゃん」が生まれました。

PB130106.JPG

本を読むだけじゃ、もったいない。絵本から飛び出すあそびが、子どもたちのなかで自然と生まれて、あふれだす。

子どもたちがやってみたい、なってみたいという世界観をもつ魅力あふれる本と、

子どもをつなぐ図書企画を、交通児童館では行っています。 みんなで「本と、あそぼう」

(もりした)


豊橋市交通児童館 トップページ施設紹介交通児童館向山交通児童遊園)|お知らせ・行事・イベントご利用案内交通アクセス